高価買取のポイントとは?

作家や箱書き、由緒

有名作家の作品や家元好みのお茶道具類は高い人気があります。
工芸家として人間国宝の作家もいれば、人間国宝で無くとも人気の茶陶作家、
茶家の製作した茶道具もあります。
茶道具の作者も高価買い取りのポイントになりますのでお分かりになりましたら、どうぞお知らせ下さい。
由緒、伝来の良い茶道具や時代のある茶道具につきましても高価買取査定の対象となります。
箱書き、付属物によって分かることが多いです。
古い箱等もそのままにお見せ下さいませ。

キズ汚れの有無。

基本的には、どのような茶道具につきましてもキズや汚れの有無が買取査定のポイントになります。
例えば、お茶碗、茶入れなど陶磁器でしたら汚れやシミ、欠けなどが見られないこと、
釜、鉄風炉など金属製のものでしたら、錆が出ていないこと、
スレなどの使用痕、引っ掻き傷の無いこと、棗、漆器、竹木工芸や籠類では、
欠け割れや解け、表面のキズなど傷みのないことが、
茶道具の買取査定価格に大きく影響いたします。

共箱、共布の有無、状態。

楽茶碗や現代工芸の茶道具買取は箱の有無、状態も買取査定の対象になりますので、
箱にヤケや傷みの少ないものほど高い買取査定となります。

付属品の有無。

茶道具に付属している栞など付属品がきちんとそろっていると
さらに高い買取査定となります。
また、お茶道具の箱に入っている、薄紙・新聞紙、布がきたないからといっても
お捨てにならずに、どうぞそのままの状態にしておいてください。


<注意>

お客様の善意であっても、以下のような行為が茶道具の価値を下げることになってしまう事も
ございますので、何卒ご注意下さいませ。


●セメダインやボンドなどの科学接着剤や科学塗料の使用。

欠けたもの、ひびが入った茶道具なども、科学接着剤や科学塗料を使わずに、
そのままの状態にして査定にお出しください。


●買取査定前の掃除。

買取査定にお出しいただく際、汚れたお茶道具もそのままの状態でご相談下さって結構です。

(食器用漂白剤、中性洗剤、クレンジング等の使用は茶道具の価値を損なう恐れもございます。

何卒お気を付け下さいませ。)


どうぞご検討下さいませ。

ご連絡をお待ちいたしております。

どのようなお品物でも、一見させて頂きましたら、

「業界トップクラス」の査定をいたします。

オークションデータ、市場等多方面からの情報による

確かな価格査定で、高価買取をお約束いたします。


「茶道具総合買取ドットコム」東京都世田谷区下馬3-30-22

0120-78-5595

(年中無休 9~18時)